国家資格とは TOP

 国家資格の難易度
 
国家資格の難易度について  
難易度 S(超難関)
難易度 A(難関)
難易度 B(普通)
難易度 C(やや易)
難易度 D(易しい)
 国家試験関連データ
国家資格とは
人気の国家資格
国家試験の合格率(H26年度)
H26年度国家公務員試験結果
 
資格別年収ランキング
 
(国家試験対策)メクリッコ勉強法
 
 国家試験関係ニュース
H26年度資格試験対策情報
H26年度国家公務員
     採用試験内容と日程
国家資格とは
国家資格とは、国の法律に基づいて国や地方公共団体、国から委託を受けた機関が実施
する試験で、その試験に合格した人だけに与えられる資格を言います。
従って、有資格者は、知識や技術が一定水準以上であることを国によって認定されているため、法律により一定の社会的地位が保証されることになり、社会的信頼度も高くなります。
弁護士などの資格習得が業務遂行のための必須条件となっている業務独占資格や、中小企業診断士などの有資格者だけが名乗ることを認められている名称独占資格、特定の事業を行う際に法律で義務づけられている設置義務資格(宅建など)があります。取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障され、社会的な信用度も高いのが国家資格です。
また、国家資格はその資格の性質から3種類に分類されます。
一つは、「業務独占資格」で、これは特定の業務に際して、特定の資格を取得しているものだけが従事でき、資格がなければ、その業務を行うことが禁止されている資格です。代表的な資格に公認会計士や弁護士、税理士、医師などがあります。
こういうことから、業務独占資格は、資格を持っているだけで価値が高く、 多くの資格の中でも社会的ニーズが比較的高い資格が多いです。

二つ目は、「名称独占資格 」です。これは、有資格者だけが名乗ることを認められている資格で、資格取得者以外の者がその資格の呼称を利用することが法令で禁止されている資格です。 代表的なものに、介護福祉士や、社会福祉士、技術士、栄養士、マンション管理士などがあります。名称独占資格は、業務独占資格とは違って独占するのは”名称のみ”になりますので、資格を持っていなくても有資格者と同様の行為を行うことはできます。 

三つ目は、「必置資格」です。これは設置義務資格とも呼ばれ、特定の事業を行う場合に、その事業所などに決められた資格保持者を必ず置かなければならない、と法律で定められている資格のことです。 保育士や、旅行業務取扱管理者 、宅地建物取引主任者、通関士 などがこれに当たります。資格の性質上、就職や転職を目指す人などは、この必置資格を持っているだけで合格率は上がるように思います。ニーズが高い分取っておくと役に立つ資格になるはずです。

結局、「国家資格」とは言い方を変えれば、国の法令・政令などに規定のある資格試験のことです。知識や技法が一定水準以上であることを国が認定してくれるため、合格した者だけが名乗れる肩書きや、合格者だけしかできない業務があるなどの「特権」がある資格も多いことが分かります。
ただ、ここで間違ってはいけないことがあります。それは、資格には大きく分けて、国家資格と民間資格の種別がありますが、「資格の種別=資格の優劣ではない」ということです。
就職や転職に際しても、国家資格だからと飛びつかずに、しっかりと内容を吟味しなければなりません。大事なことは、自分が目指す仕事や働き方、目標を実現するためにはどの資格が一番強い武器になってくれるかをしっかり調べることです。

自分が活躍したい業界の状況や動向、仕事の内容などをチェックするなどして、どんな仕事にどのような資格をどのように活かすかを十分考えて選ぶことが大切で、目標達成の近道にもなるはずです。

 Copyright (C) 2011 国家資格 難易度All Rights Reserved.